株式会社ケネスエネルギー開発のブログ

株式会社ケネスエネルギー開発
今日11月24日は「和食の日」だそうだ。
私たちの日常の食事のベースとなっている和食は、2013(平成25)年に、ユネスコ無形文化遺産に登録された。これを受けて、和食文化を次世代へ継承することを目的に一般社団法人和食文化国民会議が制定したのが、11月24日の和食の日ということだ。
周囲を海に囲まれた島国の日本はもともと、山も川もあり、また、山に囲まれた盆地のような平野もある、自然豊かな国。そのため、多彩な食材に恵まれ、地域の特性に見合った食文化も発達してきた。また節句などを祝う行事食も生活のなかに根づいてきた。こうした伝統的な食文化は、欧米の食やアジア諸国の料理、ファストフードなどが日常のなかに浸透し、食の選択肢が増えた今の日本では、ともすればこれまでの伝統も忘れがちになる。
食のように形の残らない伝統は、親から子、子から孫のように、代々受け継がれていかなければ、いつしか消えてしまうかもしれない。今は秋から冬にかけての、おいしい食材が出回る時季。ぜひ、和食の日にちなんで、旬の味で和食を楽しみたいものだ。
ブログ一覧に戻る 株式会社ケネスエネルギー開発 のページはこちら