株式会社リガーレのブログ

株式会社リガーレ
【柱状改良の固化不良には注意が必要?】

地盤調査や地盤改良のプロフェッショナルとして、柱状改良工法の固化不良についてご説明いたします。

このテーマは、特にゼネコン、建設会社、設計事務所や構造設計事務所の皆様にとって非常に重要です。


柱状改良工法は、軟弱地盤の安定化や建物の沈下防止に広く利用されています。

しかし、適切に施工されなければ、固化不良という重大な問題が発生する可能性があります。

固化不良とは、改良体が十分に固まらず、期待される強度や支持力を発揮できない状態を指します。

この問題が生じると、建物の安全性が損なわれ、追加の改良工事や修繕が必要となり、コストと時間が増加するリスクがあります。


固化不良を防ぐためには、以下のポイントに注意が必要です

適切な材料選定:改良材の品質や種類は、地盤の特性に適したものを選ぶことが重要です。

施工管理の徹底:施工中の管理を徹底し、均一な混合と適切な施工深度を確保することが求められます。

試験の実施:施工前の適切な事前配合試験の実施や施工後の事後試験を実施し、固化状態を確認することが不可欠です。


弊社では、これらのポイントを踏まえた上で、地盤調査や改良工事の品質向上に努めています。

特に中低層マンションのプロジェクトにおいて、確かな技術と経験をもとにコスト削減と安全性の両立を目指した提案を行っています。

建設プロジェクトの成功には、確かな地盤改良が欠かせません。ご不明点やご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

皆様のプロジェクトが成功するよう、全力でサポートいたします。
ブログ一覧に戻る 株式会社リガーレ のページはこちら